ヘンプフーズオーストラリア社のポール代表へインタビュー part.1

オーストラリアのポール代表の御宅にてインタビューをさせていただきました。

 

とにかくポール代表はヘンプにまつわるいろんな話の引き出しがたくさん!

 

いつまでもお話を伺っていたかったくらい、聞きたいことがたくさんありました。

 

インタビュアー:ヘンプフーズジャパン那奈

 

那奈(以下N)「本日は快くインタビューを引き受けて下さってありがとうございます。質問形式でお話しするので、宜しくお願いします!」
ポール さん(以下P)「こちらこそ宜しく!」
 
N:最近のポール代表の仕事内容やプロジェクトはどんなことをしていますか?

 

P:数ヶ月前に、オーストラリアの最大級のオーガニックファーマー連合がヘンプフーズオーストラリア(以下HFA)とパートナーとしてオーストラリアで の栽培を一緒にできることになり、HFAにとって新しい機会となりました。 現在オーストラリアにて夏のクロップを植え始め、今頃発芽しているはずです。40度などの暑い気温でもヘンプは育てられますし、トロ ピカルエリアであればオーストラリアでは冬でも栽培できるのも特徴的です。
年間で4クロップスが育てられるので、国内でのオーガニック栽培向上がメインとして動いています。
バンガローの工場ではヘンププロテインの製造技術を向上させました。安定した高品質のヘンプシード 以前に比べ10倍以上の製造力を 持てるようになるので生産数を高めることが期待できます。

 

IMG_6138-0.jpg
N:なるほど、それはヘンプフーズジャパンにとってもすごく嬉しいニュースです。

 

  次の質問ですが、なぜヘンプ産業に携わるようになったのですか?

 

P:  1993年 に世界を旅するようになり、幼少期から育っていたロンドンの環境しか知らなかった自分には、世界には自分の知らない、 たくさんの人種や文化、場所があることに気づきました。

 

その中で廃棄物やプラスチック製品が多かったり、環境汚染などを目の当たり にし、オルタネイティブな価値観に感銘し自分自身も変化していきました。 そして、友人に連れて行かれてヘンプショップに行ったら、 紙や洋服など一つの植物から多様な使い道があることを知り、その中でも特に食に関心を持ちました。

 

ちょうどその時期にオメガ3やオメ ガ6脂肪酸などの必須脂肪酸について勉強していたので、オーガニックのヘンプシードには必須脂肪酸が含まれていたり、他にも効果効能 が西洋の食文化に素晴らしいことからさらに興味を持ちました。

そしてヘンププラスチックや建材など、衣食住に様々な形で活用できるヘンプ産業に携わり20年以上経ち、今に至ります。

 

16326022_10206564111222014_1660246914_o

 

インタビューの途中には 美味しい高山茶を全員に入れてくれたポール代表、健康的なライフスタイルは昔から変わりません!

 

また後半に続きますw

【お取り扱い店舗情報】新宿伊勢丹ビューティーアポセカリー

ヘンプフーズオーストラリア社のポール代表にインタビュー part.2

関連記事

  1. ヘンプ(麻)での自然環境の保全 

    「なぜ、今ヘンプなのか?」ヘンプフードをすでに生活に取り入れていたりする皆さんは…

  2. ヘンププロテインのビタミンB1で疲労回復なカラダへ

    多くの麻の実ファンの方々に、またひとつヘンプの素晴らしさをご報告させていただきます。ヘンププロテイ…

  3. 3rd ANNUAL HEMP FESTIVAL IN TOCH…

    第三回 麻フェスティバル 栃木ダイジェストで写真を掲載させて頂きました。This hemp 3rd …

  4. ヘンプフーズオーストラリア社のポール代表にインタビュー part…

    ヘンプフーズオーストラリア社のポール代表へインタビュー part.1の続きです美味しい高山茶…

  5. 運賃値上げに伴う送料・価格の変更についてのご案内 について【ヘン…

    ヘンプフーズジャパン オンラインストアをご利用いただいているお客様へ平素はヘンプフーズジャパン …

  6. ヘンプフーズ社@ヨーロッパの産業用大麻のアソシエーションにて

    オーストラリアのHemp foods社の代表ポール氏が、ヨーロッパの産業用大麻のアソシエーションにて…

  7. あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます昨年もヘンプフーズジャパンを御愛顧いただきましてありがとうございまし…

  8. 「ヘンプクリート」を使ったお家。【オーストラリア出張パート2】

    育ったヘンプの「茎」と、石灰の一種「ライム」を建材とする”ヘンプクリートハウス”。徐々に広まりつつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事