ひよこ豆のフムス

五十嵐ヒロコ ③

 

<材料>

ひよこ豆        1C(水煮缶の場合1缶分)

ヘンプオイル      大さじ3

レモン汁        小さじ1

塩           小さじ1

クミンシードパウダー  小さじ1〜2

にんにく        少々

<作り方>

①ひよこ豆は水煮缶はそのまま、豆の場合は3倍の水で15分圧をかける。

②全ての材料を調整しながら、フードプロセッサーで混ぜる。

ひよこ豆の煮汁でお好みの硬さに調節してください。

仕上げにさらにヘンプオイルをかけるとより一層美味しくなります。

 

 

【プロフィール】

 

五十嵐 廣子

Veganic®共同設立者 / Veganic to goオーナーシェフ / ヴィーガン料理研究家 / マクロビオティック講師

/ アロマセラピスト・インストラクター

Hiroco43

1976年生まれ。二児の母。
玄米食歴20年、マクロビオティック歴10数年。

 

日本初のヘンプハウスでヴィーガンカフェとオーガニックストア「さくちゃん工房」を営んだ後、2015年六本木に「Veganic to go」をオープン。

 

幼少期からの様々な持病をアロマセラピーとマクロビオティックによって自己完治。
医者から「子供の産めない体」と言われていたのに自然妊娠し、35歳の高齢 出産を安産で自宅出産で長男を迎える。助産師から出産の臭いがないと驚かれる。

 

39歳で2度目の自然妊娠。自宅のお風呂で水中出産を試み安産で長女を迎え る。独自の陰陽理論で男女の産み分けに成功。お腹の中からヴィーガンベビーを育てる。

 

現在はヴィーガン料理研究家として、マクロビオティックだけに留まらない知識と経験を活かし、婦人病や不妊症、育児などの悩みを簡単解決すべく活動する。マクロビオティック専門誌や自然育児雑誌で執筆中。2012年より月刊マクロビオティックにて育児記事を連載中。

 

食べることも大事だけど出す方も大事。育児関連の仕事をしつつ、世界一安全な紙おむつ「ビーミングベビー」の輸入販売も行う。

 

詳しいプロフィールはこちら。
特集いただいたマクロビオティックマガジンLMがPDFでご覧いただけます。
ビーミングベビー

 


Posted in 8人の料理家 おすすめのヘンプシードオイル レシピ vol.2.